ひとり暮らし

【インドアからアウトドアまで】20代こそ趣味を持つことが重要な理由。オススメの趣味8選!

20代は誰もが人生を切り開くための大きな選択をする年代
大学卒業から社会人の仲間入りをし、環境も生活習慣も大きく変化しますよね。
大学生のときはサークル活動で運動習慣があったものの、働き始めてからは膨大な仕事量と連日の飲み会。

運動の機会は減り、太る一方…
社会人の切実な悩みですよね(笑)

中には趣味といえるほどの趣味がなく、時間を持て余している人もいます。
心機一転新しいことをはじめたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は

・趣味を持つことが大切な理由
・20代の人たちにオススメの趣味は何か?
・趣味を継続させるコツ

以上について解説していきます!

ではさっそく、解説していきます。

趣味を持つことがなぜ大切なのか?

どうして、趣味を持つことが重要なのか?その理由は大きく分けて次の3つ。

・自分のコミュニティを育み、メンタルに効く
・時間も経済的にも今が一番余裕がある
・体力があるから取り組みやすい。習慣化には時間がかかる

ではそれぞれについて解説します。

自分のコミュニティを育み、メンタルに効くから

休みの日の自分は、仕事中の自分とは違う一面が出ますよね。
仕事中はキビキビとした冷たい雰囲気の人でも、飲み会だと意外とよく喋り、よく笑う人っていますよね。

このようにいろいろな自分の一面を持てることが趣味を持つメリットです。


ペルソナという言葉を聞いたことはありますか?
ペルソナとは仮面のこと。
仕事のときは仕事モード、友だちのときの自分モード、恋人と一緒にいるときのモード

というように私たちは異なるシチュエーションと相手によって無意識に自分のキャラクターを作っています。

これが仮面。ペルソナなんです。

では、もしあなたが仮面を一つしか持っていなかったらどうでしょうか?
仕事モードの仮面しかないようなら私生活では堅苦しすぎるし、友達モードの仮面だけであれば仕事をしていく中で支障が出てしまいます。

つまり、私たちには仮面が必要なんです。
しかも、仮面はたくさんあったほうが楽しくないですか?
仕事モードの自分がうまく行かなかったとしても、趣味の自分、恋人との関係性における自分が健康的私たちならいいのです。

自分の居場所を複数もつという意味で、たくさん仮面を出せる場所があることは気分転換になります。

だから趣味は何だっていいんです。必ず実社会の知り合いである必要はありません。

SNSを使えばいろいろな人とつながり仲良くなれる時代です。一緒に一つのコンテンツを楽しめる関係性で十分。

コミュニティを形成することがメンタルに効くのです。

趣味を持つことは気分転換の場でありながら、心の助けにもなってくれます。
仕事や私生活など悩みの多い20代こそ、趣味を持つことが大切なんです!

時間も経済的にも今が一番余裕があるから

20代はひとり暮らしをしている人、同棲カップル、ディンクス(子どもがまだいない)夫婦がほとんどです。
つまり、20代は自分のために使える時間を確保しやすいんですよね。
同じような理由で経済的にも余裕があります。
同棲していると家賃も抑えられて良かったりしますよね(笑)

このように、実は20代が時間も使えるお金も一番多いのです。
だから、いまいろいろな趣味に取り組んだほうがいい。

結婚をしてからでは、家計の財布事情が変わってくるかもしれません。

お小遣い制になれば、どんどん新しいことにチャレンジすることを配偶者が許してくれない可能性は十分にあるでしょう。

だから時間も経済的にも、自分のもてる資本を惜しみなくつぎ込める20代のうちになんでも試すべき
いわゆるスイートスポット探しです。
自分が楽しいと思えること、自分が得意なことにいずれのめり込みたいと考えているなら、20代である今。

自由なうちにしたほうがチャレンジの幅も広がりますよ!

体力があるから取り組みやすい!習慣化には時間がかかる

時間、経済力に加えて、20代にはみなぎる体力があります。

そして、その体力があるうちに挑戦したほうがいいです。

若いうちならば大きな傷を負っても巻き返す時間が十分にあるから。
恋愛の失敗も若いうちにたくさんしろっていいますよね?
それと同じ。失敗も反省して活かせば、長い目で見ると確実に自分にとってプラスになってくれます。
しかも私たちの人生は、まだあと80年近くあるんです。
いくらでも、失敗を活かす機会はあるはずです。

だから私たちはどんどん取り組み、失敗を自分の糧にすればいい。
合わない趣味だと気づいてもそれはそれで自己理解の助けになります。
自分が好きなこと、嫌いなこと。
得意なこと、苦手なことを学ぶための出費
だったと思えばその経験も決して無駄になりません。

だから目先の損失を恐れず、どんどん取り組むべき。

定年退職してから無趣味だと、退職うつや認知症になる人たちが一定数います。

これは、現役世代に仕事一筋で生きてきたサラリーマンに多いそうです。
平日は朝から仕事が終わり切るまで超過勤務をして働き、繁忙期には、休日にも自分の仕事を片付けるためにサービス残業をする…

当然、これだけの時間を仕事に費やしていれば
身体を休めることでいっぱいいっぱいだし、家庭のことは配偶者にまかせっきりになってしまいます。

また、勉強をしたり趣味を持つことも厳しいですよね。


とはいえ、現在を生きる私たちも本来的には同じです。

わずかな時間でも、趣味をものにするためには習慣化することが大切。

習慣化するまでの期間には目安があります。
例えば、ブログを書くことに関して言えば、習慣化には連続で30日〜90日程度書き続ける必要があると言われています。

人によって個人差はとても大きいのですが、それほどに習慣化というものは難しいのです。

だからこそ体力があるという状況を利用して習慣化に取り組んだほうが、効果は大きいのではないでしょうか?

GAPの創業者は40歳に初店舗をオープンし、小売りの経験がない状況からはじめ、今では世界最大の衣料チェーンになった
朝ドラで話題になった安藤百福は、48歳でインスタントラーメンを発明した
立命館アジア太平洋大学の現学長である出口治明さんは60歳を過ぎてから大手ネット保険会社の「ライフネット生命」を立ち上げた

偉大な方々の後ろ姿を知ると、20代の私たちも頑張ろうという元気が湧いてきますよね。

そのための第一歩には継続性が大切。つまり習慣化する必要があります。
少しでもいいから、毎日やってみること。
そうすれば、趣味はやがて趣味の域を超え、彼らのように新しい扉を開くことができるのです。

体力のある20代のうちにこそ、有り余る体力を毎日使い切って習慣化するべきなのです。

オススメの趣味8選!

ではここからはオススメの趣味を紹介していきます。

ギター

ギターは人気のある趣味ですよね。
何よりも弾けるようになるとめちゃくちゃ楽しいんです!

自分の好きな曲を歌うときに、弾き語りしてみたり、好きな曲のフレーズを譜面を見ないで引けるように練習してみたり…弾けるようになればなるほど、楽しすぎてついついのめり込んでしまう奥の深い趣味です!


ただ習得には時間がかかります。また、練習していると弦を押さえる指がボロボロになってきて痛くなります。痛みにも耐えながら練習しなければなりません。

それでも習慣として続ければ、やがて弾けるようになります。そしてその分、弾けるようになったときの感動はひとしおですよ!
私は毎日1時間練習し続けて、半年を過ぎたころに弾き語りができるレベルになりました。


ギターを趣味とするメリットは、いくつになっても楽しめる立派な趣味を持てること。歌に年齢は関係ありません。ギターの趣味があれば一生の趣味になることは間違いないですよね。

初期投資がかかる点と習得が難しいところは欠点ではありますが、難しい分だけ得られる喜びの大きいことがギターの特徴ですね!

読書

読書は知識と学びが深まりますよね。
でもメリットはそれだけじゃないんです。

読書はストレスを軽減する効果が一番大きいと言われています。

音楽を聴くよりもコーヒーブレイクよりも効果があるんですよ!

その他の読書のメリットについてはこちらのコラムで具体的に解説しています。

関連記事
読書記録のメリットは何か?おすすめのアウトプット方法 5選!

本のジャンルによって違いはありません。本人が好きなものを読めばいいのです。

ビジネス書を読めば新しい発見が見つかるし、小説は心の栄養になります。
また、エッセイならば作者と心を通わせることで悩みを和らげることができます。

本で学んだことは一生モノになりますし、長く楽しめる趣味ですよ!

ボルダリング

社会人は運動不足で学生時代に鍛えた筋肉も、連日の飲み会で脂肪に変わりつつある…

なんて感覚ありませんか?
社会人になると意識的にスポーツをしない限り運動不足に陥ってしまいます。

運動不足でも、体重が変わらなければいいと思う人もいるかもしれません。でもそれは違う。


なぜなら筋肉量が多いほど長生きできるから。
70-80歳を対象にした研究によると、歩く速度が早いグループ(=筋肉量が多い人)はそうでないグループよりも10年後の生存率に3倍ほどの差がある
という研究結果があります。
つまり、筋肉量が多いことは長生きしたいなら不可欠です。
筋力は20代をピークに年とともに低下し、増えることはありません。
そのためにも運動することは大切です。

では、どのようなことをすればよいか?
筋トレが最もよいのですが、日々忙しい20代にとってはストイックすぎると続けるモチベーションを保つことは難しいです…

家でやるのもなかなかに準備がいりますよね。

そこでオススメなのがボルダリング。
身一つでひとりでできること、スポーツを楽しみながら体を鍛えられるところが魅力です!
体も締まってきていいことづくめ。次第に身体がガッチリしてきます。スーツが映える体型に変わっていくのもモチベアップにつながるし、引き締まった体型は仕事でも私生活でも好印象ですよ!

料理

衣食住。人間にとって必要な三要素ですよね。
この中で誰にでもできる趣味は食。
料理を自分でつくれることは次のようなメリットがあります。

・好きなものを好きなだけ食べられる
・健康管理ができる
・体調に合わせて食べたいものを選べる

さらに、料理ができると行動の選択が広がります。どんどんいろんな料理にチャレンジするようになるし、美味しかった外食を自宅で再現してみたり…というように冒険心が湧いてくるのも料理をすることのメリットですね!

あと、料理がうまいとモテます(笑)
家にある具材でササッと調理して料理を出してくれる人ってかっこいいですよね!

よって料理を趣味にすることはオススメ。
ついでにお弁当を作れば、削りにくい食費も抑えられて一石二鳥です。

道の駅めぐり

車持ちの地方在住者にオススメなのがこれ。ドライブ好きな人は多いと思いますが、目的地のネタ切れになっていないでしょうか?

そんな人にオススメなのが道の駅めぐり。

昔は国道沿いにある休憩スペースという位置づけでしたが、今や一種のテーマパークです。併設してスタバがある道の駅もあるほど立派なおしゃれなスポットなんです!

道の駅には、産直市場があっておいしい野菜と食材が揃っています。
それもスーパーよりもずっと格安で。
自炊をする場合には特にオススメです。

食材だけではなくおいしいご当地グルメも食べられるのは道の駅ならでは。

純粋にスタンプラリーをしても面白いですし、休憩がてらデートコースに組み込むのも良いですよ!

旅行

旅行も趣味の一つとしてオススメ。

旅行をすると、まとまった時間を確保できるから。
友人と普段会うときは、お互いの私生活や仕事が入り込んでくるため、時間に制約がありますよね。
ですが旅行中ならばその時間に制限がありません。気のすむまで近況を話し合ったり一緒に深く考える時間を確保できますよね。

ひとり旅をするのもいいですよ!
自分のことについて考えてみたり、大切なことは何なのか深く考えさせられます。
無の時間を確保することがひとり旅の醍醐味です。

体力がなければ行くことができない場所は山ほどあります。

だから若い20代のうちに旅行をたくさんしたほうがいいのです。

とはいえ、旅には場所は関係ありません。
海外へ行くことも、隣町の温泉に行くことも旅行。
日常から離れてリフレッシュできる遠出は等しく旅なんです。

旅行を趣味にすることは生活を豊かにしてくれますよ!

ひとり旅の国内オススメスポットについて解説しています。こちらからどうぞ!

関連記事
男ひとり!20代!国内旅行!オススメの観光スポット7選。

映画鑑賞

まとまった休日があれば旅行もいいですが、連続で仕事を休めないこともありますよね。そんなときには家でまったり過ごす趣味があると嬉しいです。

おうち時間を過ごす趣味としてオススメなのが映画鑑賞。映画も読書と同様にリラックス作用もありますし、自分にとっての学びにもなります。

読書と映画鑑賞はやや重なる部分があります。1つの作品を本と映画の2パターン楽しむのも面白いですね。

映画が本よりも秀でているのは、登場人物の心情がダイレクトに伝わってくること。人生観をまざまざと見れるところに映画の良さがあります。

また、映画はサブスクリプションサービスが豊富な点も良いです!Amazon Primeならワンコイン、NetflixやDisney+なら1000円以内で見放題です。

サブスクを使えば家から出ずに楽しむことができるので、何もやる気が起きない日に映画漬けで過ごすのもいいですね。

「サブスクの映画もできることなら迫力の大画面で見たい…」そう考えているあなたに、プロジェクターという選択肢を!どのような人がプロジェクター生活に向いているのか解説しました!

関連記事
【ひとり暮らし】プロジェクターがあればテレビはいらない?プロジェクター生活はこんな人に向いてます!

ブログ

最後にオススメするのはブログです。

ブログをオススメする理由は、私たちには自分の考えていることを整理する場所が必要だから。

インプットとアウトプットという言葉があります。学生時代は勉強で取り込んだ分、試験という形でアウトプットする機会がありました。ですが、社会人になると学んだことを自分なりにかみ砕いて、自分の作り上げた思考を形にする機会ってほとんどないですよね?

つまり社会人の私たちはインプット過剰なのです。だから意識的にアウトプットをする必要があります。アウトプットをすることがむしろインプットを助けるから必要なのです。

勉強したことは披露する機会がなければ覚えたこともすっかり忘れてしまう。だから大切なのです。

アウトプットの場としては、ブログがオススメ。Twitterでも悪くはありませんが、文字数制限以内で思考をまとめることが難しいからブログのほうが良いです。自分の書いたことを読み直すことで思考の整理もできますし、サービスによっては交流も可能です。

また、そもそも文章を書くことは楽しいのです。私たちは何かにつけて読み手になっていますが、それは文章を書いた経験がないから。ブログを続けていくと文章を書く面白さに気づき、長く続けられる趣味になること間違いありません。

コストがほとんどかからないものの、収益化することも不可能ではないという点で大きな可能性を秘めている趣味といえるでしょう。

興味がある人は、まずは日記感覚でも始めてみてはいかがでしょうか?

関連記事
【アウトプット】ブログはオワコンじゃない!20代は絶対にブログを書くべき。3つの理由。

まとめ

趣味はスイートスポット探し。気になったらとりあえずやってみよう!

ではまとめます。

今回は趣味を持つことの意味とオススメの趣味について解説しました。

趣味を持つことの意味

・自分のコミュニティを育み、メンタルに効く
・時間も経済的にも今が一番余裕がある
・体力があるから取り組みやすい。習慣化には時間がかかる

オススメの趣味

・ギター
・読書
・ボルダリング
・料理
・道の駅めぐり
・旅行
・音楽鑑賞
・ブログ

趣味は一つに限定する必要はありません。

なんとなく興味があって楽しそうだと感じたら、チャレンジしてみればいいのです。何もしない段階から自分にバチッとはまった最高の趣味であるかなんて、誰にもわからないから。

趣味探しはスイートスポット探しのはじめの一歩。

20代の若くて自由の利くうちに、がむしゃらに取り組むことは結果的に自分の未来にたくさんの可能性の種をまく作業です。

だから、どんどんチャレンジしてみましょう!

そしたらまた。

  • この記事を書いた人

さとし

病院に勤務するアラサー医療従事者。 趣味は旅行と読書(年間150冊)。 新社会人から30代までの一人暮らしをより豊かに、人生をイージーモードに変えるアイデアを紹介します。 おもに本の紹介や仕事や家事の時間術、おすすめのお金の使い方など。