家事

タンク式食洗機は面倒くさい?3年間利用して気づいたタンク式食洗機を使うべき人の特徴。

どのタイプの食洗機が良いのかわからなくて選べない!

食洗機選びで悩むのが、どのタイプに決めるか問題。

食洗機は工事が必要なビルトイン型と分岐水洗式、また工事不要のタンク式に分けられます。

一見便利そうなタンク式ですが、自分でタンクに給水しなければいけないことと、一度に洗える量が少ないのがデメリット。

タンク式は面倒くさいのでは…?

と考える人もいるでしょう。

そこでこの記事では、タンク式食洗機が本当に面倒なのか?
3年以上タンク式食洗機を使っている筆者の視点で解説します!

この記事でわかること

  1. タンク式食洗機は本当に面倒なのか
  2. 食洗機選びの重要なポイント

タンク式食洗機は本当に面倒なのか問題に対する私見

結論から言うと、タンク式は他のタイプの食洗機と比べて便利で使いやすいです。

タンク式の食洗機でのデメリットは、給水が自力で手間がかかること。
ですがそれ以外のデメリットってほとんどないんですよ。

それとは反対に、自動給水ができる分岐水栓タイプの食洗機は工事が必要です。
DIYで済ませられる工事なのでそれほど難しい作業ではないのですが、費用がそこそこかかります。
自力でつける場合はパーツ代だけで済むので4,5000円程度。
食洗機の取り付けも含めて業者に依頼すれば1~1.5万円ほどです。

よって分岐水栓の食洗機をオススメするのは、長期で同じ部屋に住むことが確定している人だけです。
転勤族であったり結婚や出産のようなライフプランを控えている人は工事不要のタンク式を選ぶほうが無難です。

タンク式なら直接水道から給水しないことが逆にメリットでもあります。
排水ルートさえ確保できていれば、置き場所に縛られないのでキッチンが狭い賃貸物件でも、部屋の間取りに左右されずに使えるのもタンク式食洗機の強みですよ!


3年間使ってみて気づいた、食洗機選びの重要なポイント

私はタンク式食洗機をかれこれ3年以上使っています。
使っているなかで私が気づいたのは、食洗機の優秀さでした。

食洗機があれば手間と時間のかかる洗い物という家事をゼロにできる。
便利さに気づくと食洗機対応の商品を選ぶことが必須条件になってきました。

その影響で食洗機で洗うものが増えたことが誤算だったんです。

食洗機は大きな家具なので、簡単に売ることは難しいです。
リサイクルショップに持ち込むぐらいしか選択肢がないのが悩みのタネ。
だから食洗機のサイズ選びはとても重要なんです。

ここで、あなたが1日に使う食器類を思いを浮かべてみてください。

ちなみに私が昨日使った食器類は次のようなものでした。

・トースト用の洋皿
・マグカップ
・茶碗、お椀
・おかずを盛り付ける皿
・調理器具(しゃもじ、お玉、トング)
・ヨーグルトを食べた後の皿
・箸・スプーン
・ティーポット

私が利用しているのはシロカの「PDW-5D」。
16点、三人分が洗える食洗機です。
ただ一日に使う食器で考えると、三人分の容量でピッタリでした。

ただフライパンや、自動調理器のパーツなども一気に洗いたいのであれば、さらに大きなサイズを買うことをオススメします。
自分が普段使っている食器の枚数と、一緒に食洗機で洗ってしまいたいモノをリストアップしてから食洗機のサイズを選んでみてくださいね!

週に何回使えば1年でモトが取れる?
食洗機導入の損益分岐点を計算してみた

食洗機の相場は、およそ3から5万円ほど。
決して安い買い物ではありません。

だから自分の生活と照らし合わせて向いているのかを考えることが大切。
というわけで、ここからは食洗機の損益分岐点を述べていきます。

前提として洗い物という家事に1回で15分(0.25時間)かかるとし、家事労働を時給1000円とします。
電気代は30円/kWhとし、先に述べたシロカPDW-5D(40000円)の消費電力526Wを2時間(洗いと乾燥で1時間ずつ)稼働したものとしています。
ちなみに2時間稼働したときの消費電力は、526×2h=1.05kWh。
計算をわかりやすくするため、1kWhとし1回あたり30円で計算しました。

1年(52.143週間)でモトが取れる週に使う回数(a)は次の式になります。

40000+30a × 52.143 = a × 0.25 ×52.143 ×1000

計算式がわかりにくかったらすみません…

これを解くと、1年でモトを取るには、週に2.685回使えば良い計算になります。
ちなみに、洗い物が一回で20分かかる場合は、2.53回

ただ、これはあくまでも1年でモトを取るという前提です。
私のように3年使っていれば、週に1回使うだけでも、十分に元が取れます

初期投資は決して安くはありませんが、一回あたり30円ほどなのでランニングコストはとても安いんですよ!

タンク式食洗機は家事の悩みを解決するスーパーマシン!

タンク式食洗機は面倒くさい?3年間利用して気づいたタンク式食洗機を使うべき人の特徴。というテーマで解説してきました。

給水の作業は必要ですが、部屋を引っ越す可能性があるのであればタンク式の食洗機を選んだほうが圧倒的に便利で使いやすいです。
また食洗機自体は高くとも、使うランニングコストはとても安いので、利用頻度が高くなくても長く使えばめちゃくちゃオトク。

家事もラクになるし、破格のコストで時間も作り出せるようになります。
買って絶対に後悔しません。私が約束します!

一人暮らしであれば、私が利用しているシロカの「PDW-5D」がオススメ。
サイズや食洗機の収容能力を考えるとベストサイズですよ!


そしたらまた。

  • この記事を書いた人

さとし

病院に勤務するアラサー医療従事者。 趣味は旅行と読書(年間150冊)。 新社会人から30代までの一人暮らしをより豊かに、人生をイージーモードに変えるアイデアを紹介します。 おもに本の紹介や仕事や家事の時間術、おすすめのお金の使い方など。