資産運用・家計管理

【欲しい商品がない?】ふるさと納税で商品を選べない人必見!選ぶべきふるさと納税はコレで決まり!

ふるさと納税は税金を納めつつも、そのいくらかが返礼品として手元に戻ってくる政策です。年々、ふるさと納税で納められる税金額は増えてきており、返礼品も多種多様にありますよね。

確かに、私も最初の数年間は返礼品が嬉しくて、サイトを目を皿にしてワクワクしていました。ですが、何年も経つと、返礼品を探す手間がかかることや、独身であるがゆえに食料品を返礼品で注文すると、出張などのタイミングが悪く重なってしまうことや、ひとりであるがゆえに、一度に食べ切ることが厳しくて食べ物をダメにしてしまったりするんですよね…

そのため、毎年何を注文するべきか悩んでしまう。

この問題はきっと私以外の単身者にも共通する悩みだと思います。そして結局アンパイだろうと大量の冷凍肉を購入して冷凍庫に入れたまま、忘れてしまったりするんです(笑)

そこで今回は、満足な選択をするにはどのような観点を意識するべきなのか。紹介していきます!

ふるさと納税で悩んだら、商品の選択はこの観点で決めろ!

では早速解説します。

ふるさと納税で迷ったときに大切なポイント、それは次の2つです。

・「幻」「限定」という希少価値で選ぶ
・必要不可欠な生活物品のグレードアップ

この3つのうちのどれか1つにでも該当していれば満足した商品を選択することができるはずです。

ではここからは、私が今までに購入して本当に良かったものを交えて紹介していきます。

例1.「幻」「限定」で選ぶ 山形県酒田市「刈屋梨」


あなたが一番好きな果物はなんですか?

私が一番好きな果物は梨です。シャリシャリとした和梨が私の大好物なのですが、今まで普通の梨しか食べたことがなく、食べたことがないのにも関わらず、そんなに大差ないだろうと高をくくっていました。

私は大体ふるさと納税となると、秋頃に駆け込みで何を買おうかと必死になって調べるのですが、その年の晩夏に山形県に旅行することがありました。山形県はフルーツ王国として有名で、さくらんぼから桃、ラ・フランスまでたくさんの果物が収穫されます。旅行の計画を立てていると、実は幻の和梨というものがが山形県にはあるということを知ったのです。

刈屋梨は庄内地方にある酒田市の刈谷地区でのみ栽培されているブランド梨なのですが、その特徴はシャリシャリとした歯ざわりの良さと甘さ。でも、刈屋地区の梨は非常に人気なうえ限られた地域でしか栽培されていないためあまり世には出回っていないことから、秀玉は「幻の梨」と呼ばれているほどなのです。

「幻の梨」という文面に食いついた私は、実際に山形県を旅行していたときに探しました。ですが、刈谷梨を見つけることはできずじまいでした…

失意の気持ちで、帰宅してからいろいろと考え、閃いたのです。もしかしたらふるさと納税ならあるのでは?と。

そして、ふるさと納税で検索すると簡単に見つかりました!(探した時間よ、帰ってきておくれ…笑)

早速注文し、数週間後に届いて早速食べると、想像を絶するおいしさでした。素人の私でも、「こんなに甘くてジューシーな梨は食べたことがない…!」と思うほど美味しかった…

それがすごく嬉しかったんです。

つまり、このことから言えるのは、自分の大好物のものの最上級品を味わうことは非常に満足度が高いということ。さらに、「幻」「数量限定」というようなアプローチがしにくい希少価値の高いものには、ふるさと納税との相性がよいということです。

つまり、ふるさと納税を活用することでより有利に希少な経験を得ることができるんです。いわば、ファストパスとしてふるさと納税を活用すること。

これが、一つ目のふるさと納税を選ぶべき観点です。

例2.生活物品のグレードアップ。新潟県三条市「SUWADA つめ切り」


どんなに自分の手荷物にこだわっている人でも、自分の家の中にはきっと百均で購入したものだったり、あまり意識せずに利用している日用品ってありますよね。しかしながら、その日用品がなければ生活に支障がでてくる…

そういうものって実は多いと思うんです。

私が使っているものの中で、無意識に利用していたもの。それは「爪切り」でした。

ヤスリは爪切りに付属したものではなく、専用の商品を使用している人は多いと思います。ですが、良い爪切りを使っている人というのはあまりいないのではないでしょうか?

そこでふるさと納税で注文したのが、新潟県三条市の「SUWADA 爪切り」です。

新潟県三条市といえば、隣の燕市とともに金属加工で有名なんです。

その歴史は古く江戸時代に「和釘」の製造からはじまり、「鍛冶」の技術が培われ、金属加工の集積地に至るまでになりました。(参考文献)

実際に購入したSUWADAの爪切りはニッパー型で、手に力が入りにくい高齢者でも握る動作で安全に爪を切ることができ非常に便利です。そして、驚くべきは切った爪の断面がなめらかであること。もはやヤスリがけをしなくとも爪の断面でケガをすることがないほど、キレイに爪を切ることができるんです。これは、長い歴史があるからこそ編み出された商品で、培われた技術のたまものでしょう。

だからこそ、「地場産物にこだわる」という観点もオススメです。私たちがシャープの「世界の亀山モデル」という売り文句を聞けば、高品質で良いものという印象を持ったように、地場産物というブランドは高い安心感とスペックを持っているから。

テレビのように何度も買い換えることもあるでしょうが、爪切りのように一度購入したら長く使用する生活必需品は、グレードアップすれば半永久的に快適さをもたらします。メリットが非常に大きく、幸福度を高めてくれるのです。

また、爪切りのほかに私が購入したうちで良かったものは、愛媛県新居浜市の「【速乾】バスタオルセット」です。


バスタオルって結構かさばって収納スペースを圧迫しませんか?だから、省スペース化するためには枚数を減らさねばなりません。そのためには、ローテーションを安定して回す必要があります。この都合に速乾という機能がもってこいなんです。速乾であれば、必要な分だけ手元にあればよいですし、タオルの色も統一できて収納もキレイですし、部屋もスッキリしますよね。

衣類における速乾、食器における食洗機対応可能といったように、自分が生活で苦痛に感じていること、モヤモヤしていることを書き出してみる。そして、それを少しでも楽にこなせるモノがないか調べること。そうすれば、きっと満足な商品選択ができるようになるでしょう。

きっと、あなたが思っているよりもストレスフリーで満足度の高い結果になること間違いなしですよ!

まとめ

ふるさと納税で日々の生活に小さな幸福を!

今回は、ふるさと納税で商品を選べないときのモノの選定の仕方について解説しました。

ふるさと納税になると、どうしても和牛や馬刺し、シャインマスカットのような贅沢なものを選びたくなります。

ですがそれは本当にあなたが欲しいものでしょうか?一回食べたからもういいな…と心の底で感じていませんか?

本当に自分が好きなものの最高級品を選んだり、何気なしに使っているモノをグレードアップしてみてはいかがでしょうか。良い買い物をしたなぁ、と少し気持ちがゴキゲンになりますよ!

そしたらまた。

こちらもオススメ
【20代必見!】20代はお金を貯めるよりも使ったほうがいい理由。私がした失敗。
  • この記事を書いた人

さとし

病院に勤務するアラサー医療従事者。 趣味は旅行と読書(年間150冊)。 新社会人から30代までの一人暮らしをより豊かに、人生をイージーモードに変えるアイデアを紹介します。 おもに本の紹介や仕事や家事の時間術、おすすめのお金の使い方など。