資産運用・家計管理

100万円貯めたら人生が変わる?今日からできる!カンタンで効果絶大の節約法はコレ。

100万円貯めたら何か変わるの?

貯金の大切さはわかっていても、計画的にお金を貯めるのって難しいですよね。
つい使いすぎて貯金のことを忘れてしまいがちです。

貯金の1つの節目は100万円。
100万円を目標にして貯金している人も多いのではないでしょうか?

とはいえモチベーションがなければ、貯金をする気力もなかなか湧かないはず。
この記事は、貯金をしたいけれどモチベーションが湧かない人に向けて書いています。

100万円を貯めたら、どのようなポジティブな変化が起きるのか、解説します!

この記事でわかること

  1. 100万円を貯めることで起きた4つの変化
  2. ラクに100万円を貯める方法

100万円を貯めることで起きた4つの変化

100万円を貯めることで起きる変化は次の4つです。

100万円の貯金で変わること

  1. 心理的な安心感が出てくる
  2. 自信がつく
  3. 自分に必要なものが見えてくる
  4. 将来への不安感が減る

心理的な安心感が出てくる

100万円を貯めると、何よりも心理的にラクになります。

なぜなら100万円があれば、ピンチに陥っても即座に生活ができなくなってしまうことはないからです。

もはや実力主義で年功序列ではありません。
誰が仕事を失ってもおかしくない時代ですよね。

仮に失業してしまった場合、セーフティネットとして失業保険が出ます。
ただ注意が必要なのは、失業保険が出るまでには最速でも3ヶ月かかることです。

生活防衛資金という言葉があります。
ピンチのときに生きていくための必要最低限の資金で、一般的には3ヶ月から半年程度の生活費とされています。
つまり、失業保険が出るまでどうにか生きていくための資金なんです。

ここで効いてくるのが100万円の貯金です。
100万円があれば、失業保険が出るまで余裕を持って食いつないでいけますし、就職活動をする際にも精神的な余裕を持って取り組めるはずです。

このように100万円の貯金でピンチにも対応できるのは心理的に大きなメリットです。

自信がつく

最初の100万円貯めるのはすごく大変だ、と言う人がいます。

でも、コレは単なる自信の問題なんです。

そもそも最初の100万円だけ、貯めることが難しいはずがないですよね。
貯金に対しての心構えができていないことが原因なんです。

貯金はいくら貯めたらゲーム終わりというゴールはありません。
だから際限がなく、途方もないモノに感じてしまいがちです。

そんな中での1つの節目が100万円。
100万円を貯めた経験は、「貯金をしていなかった自分でもやればできるんだ!」という気づきになります。

自分でもできるんだと思えば、あとはその道を進めばどんどん貯金ができるようになっていくんです。
このやればできるという感覚を、心理学では自己効力感と言いますが、この気持ちがあるかないかがすごく大事。

自己効力感は貯金以外にも良い効果をもたらします。
自分が取り組もうとしているけど踏み切れないことに対しても、自分ならできると気持ちを奮い立たせてくれるのです。

自分に自信が持てない人こそ、100万円を貯めるという経験は大きな意味を持ちますよ!

自分に必要なものが見えてくる

100万円を貯めるぞ、と心に決めたとしてまずはじめに必要なことは、家計の見直しです。

貯金をするためには、計画的にお金を残す必要があるので、節約をする必要があります。
この節約をすることに大きな意味があるんです。

節約とはお金の使い方を学ぶことです。


節約のためには家計を見つめ、その中から自分の大切にしたいことと重視しないものを分ける必要があります。
そしてこの作業は、自分に必要なモノは何なのかを探ることと同じです。 


あなたが石油王でなければ、お金も時間も湯水のように割けないでしょう。
有限であるからこそ、自分の割けるリソースは大切なことに集中させたほうが良いのです。
一種の断捨離ですね。

このように100万円を貯めるというアプローチを通して、自分にとって本当に必要なモノが何かを考える。
そして、大切なことに集中することが可能になります。

将来への不安感が減る

100万円があれば、心理的な余裕だけではなく経済的な余裕にもなります。
経済的な余裕があれば、必要以上に将来に対する不安を抱かなくなるんです。

100万円は、生活防衛資金としては十分すぎるほどの金額です。
これだけの経済的余裕があれば、金融投資をするほどの余裕も生まれます。

人生100年時代や、老後2000万円問題なんて言葉を聞いたことはあるのではないでしょうか?
このような言葉が示すように、将来の日本を悲観的に捉えている人はきっと多いでしょう。


先日、銀行に預けていた定額貯金が満期になりました。
預けた10万円に対して、ついた利息はたったの319円。

10年間銀行に預けたとしても、朝マックならソーセージマフィンとチキンマックマフィンとドリンクしか選べないんです…
銀行の利息がどれほど付かないのかよくわかる例ですよね。

そんな厳しい今の時代だからこそ、投資にチャレンジすべきです。
投資は投資は早くはじめればはじめるほど有利です。

なぜなら投資を運用している期間を長くすることができるからです。
定年間際のサラリーマンが投資をはじめても、病気などで寝たきりになってしまうリスクが高いですよね。

それに対して、社会人に成りたてだったり、30歳前後であればお金が必要になる局面はまだ先ですし、病気のリスクも低い。
だから投資を長い目でつづけられる余裕があるのです。

今日が今後の人生のなかで最も若い。
興味があるなら、サクッとはじめて見ることをオススメします!


ここまで100万円の貯金で得られる変化について解説しました。

では、具体的にどのような方法で100万円を貯めるべきなのか、私の実体験を合わせて解説していきます!

ラクに100万円を貯める方法

貯金をするとなると、食べたいスイーツや洋服を我慢してお金を貯めなければいけない…

なんて考えていたりしませんか?

このような方法で貯金をすることを私はオススメしません。
なぜなら、我慢による貯金はリバウンドを生み、大きな出費につながるからです。

ダイエットのためにスイーツを我慢していると、目標を達成した途端にリミッターが解放されてドカドカ食べてしまってリバウンドにつながりがちです。

急激な食事制限ダイエットがリバウンドの大敵であるように、家計のダイエットにもムリがたたってはいけないのです。

ではムリせずに節約をするためにはどうしたら良いか?

最もオススメなのは固定費の見直しです。

固定費を見直すメリット2つ。
1つは、我慢することを必要としにくいこと。
もう一つは、毎月コンスタントにかかるため一度見直すことで大きな節約効果が生まれるところです。

仮に光熱費を月3000円浮くと、年間では3.6万円の節約になります。
最初の手続きだけ頑張れば、何もしなくて良いんです。めっちゃ嬉しいですよね。

固定費の例としては、家賃、光熱費、スマホ料金などがあります。
ではそれぞれの節約法について解説していきます。

家賃

家賃の固定費を下げるとなると、引っ越しを思い浮かべる人もいるかもしれません。

ただ、引っ越し貧乏という言葉があるように、引っ越しは出費がかさみます。
だから貯金がない状態ではあまりオススメしません。

そこで是非やってみて欲しいのが家賃の交渉です。

長く部屋に住んでいたり、古い部屋に住んでいるのであれば家賃を下げられる可能性があるからです。

まずすべきことは、家賃の比較です。
築年数が浅い物件は人気がありますよね。
ただ年数が経つほどに人気は下がっていき、家賃はどんどん下がっていくものです。

だからネット上の部屋探しサイトをひらいて、自分の住んでいるアパートの家賃と比較することです。
閑散期(6-7,11-12月)や繁忙期(9-10月,2-4月)でも家賃が変わっていることも多いので、是非見てみると良いですよ!

また近所の同様な間取りの物件を探して、自分のアパートと比較することも大切。
周辺の部屋に比べて自分の部屋が明らかに高いのであれば、それを理由に家賃を下げられる可能性もあります。

だから引っ越しを考える前に、まずは家賃を比較して大家さんに交渉することをオススメします。

光熱費

光熱費のうち、電気とガスの見直しは固定費削減にオススメです。

キーワードは電力・ガスの自由化です。

電力・ガス自由化とは?

特定の会社しか参入することができなかった電気と都市ガスの新規参入自由化のこと。
電気は2016年、都市ガスは2017年より自由化が始まった。
利用している電気やガスは同じなので、安全性についても心配なしです。

自由化によって多様な販売業者で契約できるようになり、プランもさまざまになりました。
メリットとしては、従来の会社よりも、光熱費を安く抑えることができるところです。

私がオススメするのは、looopでんきのスマートタイムONEというプラン。
時間帯によって電気料金が違うプランで、時間帯をズラせば料金がグッ下がるのが最大のメリットです。
対応エリアはあまり広くありませんが、都市ガスと一緒に契約すると電気料金がさらに安くなるので、オススメですよ!

詳しくは次の記事で解説しているので、読んでみてくださいね。

関連記事
一人暮らしなのに電気代がおかしい?節約するために見直すべきポイント2つ。

スマホ料金は乗り換えでどこまでも安くなる

スマホのキャリアを変えることもおすすめです。

格安 SIMに変更すれば、毎月2-3000円にスマホ料金を抑えることができるのは強いですよね。
もうすでに大手3キャリア(au,docomo,SoftBank)ではなく格安 SIM の契約をしている人にも、ぜひ乗り換えの検討がオススメです。

なぜならキャリアの変更を活用すれば、スマホ端末の購入料金までも下げられるから。

キャリアの契約と合わせて端末を購入すると大幅に値下げしてくれることも多いんです。
私は最近、ahamo からSoftBankにキャリアを変えました。スマホの機種変を目的としてです。

今使っているスマホは Pixel 8。
定価で11万円以上もしますが、キャリア契約と合わせることで、たった24円になりました。
あくまでも2年返却ではあるものの、使えない状態までの破損がない限り、2年で返却すれば追加請求もないそうです。

スマホのキャリアを変えるだけなのに、スマホを買うお金をゼロにできるなんてめっちゃオイシイと思いませんか?
だから機種変をするときには、電気屋さんに行って各社のPOPを見て、めぼしいプランがないか確認することをオススメします!

まとめ

100万円貯めたら人生が変わる?今日からできる!カンタンで効果絶大の節約法はコレ。というテーマで今回は解説しました。

100万円を貯めることで、心理的にも経済的にも余裕が生まれます。
ついでに自分への自信もつきますし、自分に必要なモノがなんなのかも見えてくるので、単にお金を貯めるだけがメリットじゃないんです。

そして節約をするときのポイントは、ムリをしないこと
できる限り、自分にとって心の負荷がかからないやり方で節約をすることが大切です。

見直すことは手間ですが、一度やってしまえば半永久的に効果を発揮してくれるのでオススメですよ!

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

そしたらまた。

  • この記事を書いた人

さとし

病院に勤務するアラサー医療従事者。 趣味は旅行と読書(年間150冊)。 新社会人から30代までの一人暮らしをより豊かに、人生をイージーモードに変えるアイデアを紹介します。 おもに本の紹介や仕事や家事の時間術、おすすめのお金の使い方など。