資産運用・家計管理

【20代必見!】20代はお金を貯めるよりも使ったほうがいい理由。私がした失敗。

将来のことを考えてお金を貯めなさいってみんなに言われる!

親や周りの人に言われた言葉を思い出して、ためらってしまうんですよね。

さとし

社会人になって、30代が近くなった私がいま考えていることはお金はどんどん使うべきだということです。

そこで今回は20代がお金を貯めるよりも使ったほうがいい理由について解説します!

この記事で解決できること

お金は貯めるよりも使ったほうが良い理由

リアルなお金の失敗例が学べる

良いお金の使い方の具体例がわかる

☆この記事を書いた人
さとし(@satoshi_rad)

病院に勤務するアラサー医療従事者。
趣味は旅行と読書(年間150冊)。
新社会人から30代までの一人暮らしをより豊かに
人生をイージーモードにするアイデアを紹介します。
おもに本や、仕事・家事の時間術、お金の話など。

20代はお金を貯めるよりも使ったほうがいい3つの理由

20代のうちはお金を貯めることばかりを考えずにどんどん使ったほうがいいです。

無理をして節約したり我慢するくらいなら、お金は使ってしまっても構わないと考えています。

その理由は次の3つです。

20代は貯金よりも使うべき理由

使ったお金に対して得られる価値が大きい

お金を使わずにして、お金を勉強することはできない

お金を使っている人のほうが魅力的

使ったお金に対して得られる価値が大きい

あなたがいま欲しいモノや、したいコトを思い浮かべてみてください。

ブランドの洋服や行ってみたかった海外・国内の観光名所。
学生時代から欲しかったモノ…

思い浮かべると使い道はたくさんあるでしょう。

もしあなたが思い浮かべたことがずっと憧れていたことであれば、どんどんお金を使うべきです。
ずっと欲しかったモノ、したかったコトにお金を使うのは良いお金の使い方だから。

お気に入りの洋服を着てなりたい自分に近づくことも、あこがれの場所への旅も。
貯金では実現できない自分にとって大きな価値を生んでくれます!

さとし

お金を使わずにして、お金を勉強することはできない

自由にお金を使うことはとても重要です。
なぜなら使うことなしにお金の経験値は身につかないから。

博士からもらったポケモンが、一度もバトルをせずにジムリーダーを倒すことはできません。
トレーナーと戦った経験値でレベルアップや進化していき、強敵を倒していきますよね?

コンビニでの買い物が割高だとわかるのは、スーパーでの買い物の経験値のおかげ。
知らなければ、200円のカップラーメンを気にせず受け入れて、結果的に割高な買い物をしてしまう可能性があります。

またパソコンを購入するとして、重要なのはスペックと値段。
パソコンの相場を理解していれば、スペックのわりに値段が高いパソコンを購入してしまう事態も避けられます。

小さな経験と学びを経て私たちはモノやコトの相場を学び、お金の使い方を学んでいのです。
カップラーメンやパソコン程度の失敗であればよいですが、車やマイホームとなれば取り返しがつかないくらい大きな痛手になります。

自由にお金を使わずして、本当の意味でお金を勉強することはできないのです。

お金を使う人のほうが魅力的

目の前に、AさんとBさんの大人がいます。
次の2つの文章を読んでみて、あなたはどちらに魅力を感じますか?

Aさんは貯金はほとんど貯金がありません。
でも話してみると、Aさんはいろいろなことを知っていて
あらゆることに興味を持ち、たくさんのことを経験している。
チャレンジしたいことも、自分の夢もある。

Bさんは対照的に非常に倹約家。
無駄遣いをほとんどせず、休日は家で過ごしがち。
話をよく聞いてくれるものの、ネガティブ。
いろいろなことにチャレンジすることはないようで、未来を悲観的に捉えている。

恋愛や結婚という点で考えると堅実なBさんのほうがいいと考える人もいるでしょう。
ですが、イチ人間としてはAさんのほうに魅力を感じませんか?

Aさんと一緒にいればワクワクしそうですよね。
Aさんが貯金がないのは、経験や勉強にお金をかけてきたからとすれば、2人の違いはお金の使い方だけです。
自分のお金を自分に投資するAさんと、貯金に投資するBさんに、人間的な魅力に差がつくのは言うまでもありませんよね。

だからこそ、内容にかかわらず好きなことに積極的にお金を使うべきなのです。

周りの人が言うように貯金が大事なのは確かにその通りです。
お金の専門家であるファイナンシャルプランナーに言わせると貯金額は手取りの30%が理想だそうです。

ギョッとしませんか…?
当然、僕もこの貯金額に全く到達していませんでした。

新卒のころはスーツを準備したり、引っ越しや家具を揃えたり…と出費が多くなってしまいます。
自分で稼げるようになって、ずっとほしかったものを買っていたので、毎月ギリギリ。

貯金どころではありませんでした…

ゆくゆくは20-30%の貯金を目指すにしても、はじめのうちは1万円の貯金ができれば十分
ただ使いたい用途があるのなら、無理に貯金する必要はないのです。

【実体験】私のお金の失敗談と成功談、その学び

ではここから、私が実際に経験した失敗談と成功談を紹介します。

失敗談 台湾旅行の直前でコロナ流行、海外旅行ができなくなった

私は昔から旅行が好きで、社会人になってから毎月のように旅行をしていました。(夜行バスであちこち行ったのも良い思い出です)

仕事にも余裕が出てきて、国内旅行も行きたいところをほとんど巡り切って、海外旅行に行きたい気持ちが高まっていました。
いざパスポートを取得して台湾へ行こうとした矢先、新型コロナウィルスが流行。

結局、台湾へ旅行することはできずじまいで、コロナの最中に周りの友人は結婚ラッシュ。
一緒に出掛けるタイミングを確保できなくなってしまったんです。

私の失敗談から言えることは、思い立ったらすぐに行動に移したほうがいいということです。

お金の余裕ができた頃には結婚や子育ての問題が出てきます。
未来は全く読めませんし、確実に行動できるのは、今だけ

だから、何かしたいと思ったり、どこかに行きたいと思ったらすぐ行動するのが一番です。

「いつかするは永遠にしない」なのです。
気持ちが高まっているうちチャレンジしましょう!

成功談 ずっと欲しかったプロジェクターを購入した

コロナが始まってからインドアブームになりました。
病院で働いていることもあり、しばらくの間はほとんど職場と家の往復をする生活でした。
この生活の中でおうち生活を快適にしようと考えていました。

前からずっとプロジェクターのある生活に憧れがあり、気になっていた商品がありました。
外食をするわけでもどこに旅行をするわけでもなかったので、思い切って奮発してプロジェクターを購入しました。

Android TV対応のプロジェクターで、TVerやAmazon Prime、You Tubeも再生することができる機種なのですが、かれこれ2年近く利用していてめちゃくちゃ便利なんです。

もっと前から買っとけばよかったなと思うくらいです(笑)
ずっと欲しかったもの、したかったことにはお金を多めに費やしても満足度が高いのです。

こちらもオススメ
【新社会人向け】趣味は自己投資!自分に使うためのお金を増やそう。安全にお小遣いを稼ぐ方法を2つ紹介します!

続きを見る

【まとめ】好きなことにはお金を積極的に使おう!

今回は、【20代必見!】20代はお金を貯めるよりも使ったほうがいい理由。私がした失敗。というテーマで解説しました。

新卒の時点では、月1万円貯金できれば十分です。
貯めることはお金を使う機会とそこで得られる経験を失うことでもあります。

行きたいところがあったり、欲しいものにはどんどん使って良いんです。
その楽しさは心の豊かさや自分自身の魅力になるから。

仮に、あまり良いお金の使い方ではなかったとしてもいくらでも挽回できますし、それも良い勉強です。

だからこそ、貯金することにとらわれず、積極的にお金を使いましょう!

そしたらまた。

お金の使い方
お金の使い道がない独身のあなたへ。お金を有意義に使うオススメの方法7選を紹介!
やってよかったことリスト
絶対後悔しない!20代のうちにやってよかったことリスト10選
  • この記事を書いた人

さとし

病院に勤務するアラサー医療従事者。 趣味は旅行と読書(年間150冊)。 新社会人から30代までの一人暮らしをより豊かに、人生をイージーモードに変えるアイデアを紹介します。 おもに本の紹介や仕事や家事の時間術、おすすめのお金の使い方など。