読書

エッセンシャル思考は危険?3つの重要なキーワードが人生を生きていく武器になる!

毎日と時間が足りない…これはアラサーにとって非常に大きな悩みです。
仕事も楽しくなってきたし、趣味にも打ち込みたい。恋人と遊びつつも、友人とも遊びたい。
家事もしなければいけないし、雑用も自分で片す必要があります。
今を楽しく生きるアラサー世代はとにかく時間が足りませんよね。

それでも、できる限りのことは楽しみ切りたい。
やりたいと思っていることを諦めるのは惜しい。では私たちはどうやって時間を捻出するのか。

このヒントが著書「エッセンシャル思考 最小の時間で成果を最大にする」に書かれています。
そして、この思考術は私たち20代、アラサー世代にとって非常に大きな効果を生むんです。

そこで今回は、本書について解説していきます。

この記事で解決できること

・著書「エッセンシャル思考」の概要と本を読んで得た学び

・アラサーの私たちは時間とどう向き合うべきなのか?

私は年間150冊ほどの本を読んでいます。今回は本を読んで得た学びについて紹介します!

ではさっそく、解説していきます。

エッセンシャル思考は危険なのか?重要なキーワードは3つ。

結論から言うと、エッセンシャル思考とはターボエンジンです。

ちゃんとしたアプローチを理解しておけば、問題ありません。
今までよりも自分自身の人生をより高めてくれます。

ただ、表面的なところだけをなぞって真似をすると、悪くはたらく可能性があります。
マイナスの方向へグングン突き進んでしまうかもしれません。
だから、エッセンシャル思考を実践するには、その思考のアプローチを理解して習慣づけることがとても大切なんです。

著書「エッセンシャル思考」において私たちに重要なキーワードは主に次の3つです。

・「モノ」

・「時間術」

・「再検討」

それぞれの意味が何を意味するのか?さっそく解説していきます。

「モノ」

エッセンシャル思考を考えるうえで、「モノ」という概念は重要です。
essencialは「最も重要な」という意味です。つまりエッセンシャル思考とは本質を見極めることです。


あなたが絶対に失いたくないモノを思い浮かべてみてください。

あまりたくさんは浮かばなかったのではないでしょうか?
絶対に失いたくないものってて実のところ、そんなにないのです。

ミニマリストはエッセンシャル思考に長けています。
彼らは必要なものだけで身軽に楽しく生活していますよね。
つまり、取るを足る生活をしているほうが満足度が高いということ。だからミニマリストを目指すべきなんです。

では片っ端からいらないものを捨てればよいのか?というとこれも違います。
その都度、頭を使って判断することはエッセンシャル思考ではないから。
エッセンシャル思考に重要なのはシステム化だからです。

洋服の断捨離を例にすると次のようになります。

最近着ていない服を用意した段ボールに入れる

②別の場所に段ボールを保管しておき、必要なら取り出せるようにしておく

③最大で半年間、段ボールに保管しつづける


一回でも取り出した服   →クローゼットに戻す

半年間取り出されなかった服→捨てる

このような機械的なシステムを作ること。
そうすれば、捨てるか捨てないかを考えることに毎度頭を悩ませる必要はないですし、捨ててしまった時の後悔も少なく失敗がありません。

このようにしてモノを減らし必要なものだけを持ちスタイリッシュに暮らす。これがエッセンシャル思考の重要な1つの要素です。

「時間術」

時間は貴重です。
だれもがわかっていますが、実践できている人はほとんどいません。
つい2つ返事で仕事を引き受けがちですし、乗り気じゃない飲み会にズルズル引きずられるように参加しがちです。
このように理解と実践のあいだに大きな差が起きやすいのが「時間」なのです。

本書では時間を大切にすべき理由は時間がトレードオフなものであるからと述べています。
仮に仕事をたくさん引き受けた場合、私たちが取れる選択は次の2つです。

①1つあたりの作業時間を減らす
②作業時間はそのままに仕事量を増やす

一見仕事を引き受けることは良さそうです。
しかし①ではクオリティの低下、②は集中力が持続せず生産性が低下します。
エッセンシャル思考においてクオリティが下がることはマイナスです。
なぜなら、新たに振られた仕事は「あなたでなければいけない理由がないから」
引き受けたばかりに本来の自分の仕事の精度が落ちては本末転倒ですよね。

また時間をギチギチに埋めないことも大切。本書での例は次の2つが述べられています。

①予定ごとにバッファを設け、時間を調整できるスケジュールを組む。

②チャンスの機会を逃さないために、予定を開けておく。

この二つを実践するために必要なことはただ一つ。
勇気を持って断る選択をすることです。
自分の時間を確保することはエッセンシャル思考の大切な一要素なんです。

また、私生活においてもエッセンシャル思考による時間術は効果を発揮します。
ギリシャ語には時間を意味する言葉が2つあります。1つは私たちのイメージする時間を指すクロノス
もう1つは「今」という時間を意味するカイロスです。
針の進み通りに経過する時間を示すクロノスは人によって変わりません。
それに対しカイロスは人によって時間の長さが変化します。

エッセンシャル思考に重要なのはこのカイロス的な時間のとらえかた。
仮に朝から晩まで自分の好きなことをして有意義に過ごした一日があったとします。
充実感があった日は一日が長く感じますよね。
反対に何もせず、あっという間に夜になってしまった…という日はすごく短く感じるはず。

つまり、いまを大切に暮らすと時間は長く感じるのです。
今日という一日を後悔なく楽しむ。未来のことばかりを考えずに、今を楽しく生きる

今日が人生最後の日でも悔いがないように毎日を生きていこう、ということがエッセンシャル思考の考え方です。

「再検討」

現状維持バイアスという言葉を聞いたことはありませんか?

これは、今あるものを本当に失いたくない、今ある状態を変えたくないという心理効果のこと。
この心理効果が働くと、保守的な行動を選んだり、ルールを変えることを嫌がります。

20代やアラサーは、仕事も私生活の試行錯誤の連続。
日々チャレンジし続けるから新たな発見があり学びが深まっていきます。
だから検討をやめないことが大切。この考え方自体がエッセンシャル思考なんです。

具体的な検討方法としてゼロベースという考え方がオススメ。
これは今までの考え方の土台を取り去り、イチから考える再検討をするのです。
時間はかかりますが、誰もが気づかなかったことに気づいたり、固定概念を取り去ることができ、一度考えると確実なものができあがるのがメリット。

時間がかかる手前、頻繁に切り変わる内容では厳しいです。
ただ一度変更すると長きに渡って変わらず、効果が大きいものに関して考えることがオススメです!

アラサーの私たちがするべき「エッセンシャル思考」の実践。

ここからはエッセンシャル思考の実践編。3つのキーワードについて、具体的な方法をそれぞれ紹介していきます!

「モノ」編。心の声を聴いて最高の買い物をする

買い物をする際に妥協していないか?そう考えることは大切です。

洋服を買うときに、本当に欲しいからこの服を買っているのか?
一度胸に手をあてて心の声を聴く癖をつけること。

値段に左右されていないか?割引のクーポンを使ってオトクに買い物をしたいためにその洋服を購入しようと思っていないか?
よく考えてから買い物をするべきです。(クーポンを使った買い物は購入すると買った直後から魅力が損なわれるので注意が必要)

エッセンシャル思考的な買い物の仕方にオススメなのは、一目惚れを信じること
一目惚れは直感。直感的に欲しい!と思ったならそれは確実。
エッセンシャルなことが少ないように、本当にほしいモノも同様にめったにないから。


子どものころ、お気に入りの洋服をボロボロになるまで着ていませんでしたか?
お気に入りのものは満足度が高い
多少値が張ったとしても長く使うという観点で考えれば、それは良い買い物になります。
だから直感に頼った買い物がオススメなんです!

「時間術」編。未来の予定を外付けハードディスクに保管する

明日は掃除をして、明後日はスーパーに買い出し、明々後日は作り置きを作って…

未来の予定を決めたら、覚えておくことはやめましょう。記憶することは「しなくてもいいこと」ですから。
当日思い出せばいいんです。だから毎日見る媒体にメモすればいい。
Google カレンダーを積極的に活用しましょう。一日に私たちは何百回とスマホを眺めますよね。
それならスマホにメモをすれば、目につくはずです。
リマインダー機能に予定を追加すれば時間が近づくと通知が来るので忘れることもありません。


つまり、情報を頭に残しておくべきか。記憶の引き出しにしまっても良いのか?という考えをもつことです。

覚えなくてもいいことは徹底して覚えない。最小限の必要なことだけを頭の中に置いておく
そうすれば、思い出す作業は消え、忘れないように懸念することもなくなります。

自分の頭を使わないで済むシステムにすれば、脳も疲れず余裕も生まれます。それが結果的に、良い循環を生むのです。

「再検討」編。サブスクリプションサービスは逆プロトタイプで解決!

サブスクは月単位で見るとそれほど大きな額面ではないところが問題です。
月1000円に満たない額面ならさほど痛い出費ともいえず、利用していて便利であることには違いがないため、見直しに踏み切れないのです。

しかし、何個も入っているとそれなりに出費がかさみます全体の4割強は毎月2000円以上出費しているといいます。

年間で考えると24000円。これが半額にできれば1万円が浮く計算です。見直す価値がありそうですよね。

サブスクは現状維持バイアスが強く働くものです
多少なりとも恩恵があれば、額面も短期的には痛手ではないため、現状を維持したくなるものです。
だからなかなか辞められない。

そこでオススメの考え方が逆プロトタイプという考え方。

逆プロトタイプとは、「今の環境を変えてみる。全部やめてみること。そして差し支えるようならば元に戻す。」という手法。

次のようなアプローチになります。

お試し感覚で一度サブスクを全部解約して1ヶ月過ごす

・ないと不便なサービス    →すぐに再契約
・1ヶ月間特に問題がなかった →そのまま解約

カンタンに実践できるのでやってみる価値は大きいですよ!

まとめ「エッセンシャル思考」

エッセンシャル思考は長い人生を生きていく上で武器になる!

エッセンシャル思考についての解説は以上のとおりです。


私たち20代やアラサーにとって必要なのは「モノ・時間術・再検討」の3つのキーワード。


自分の人生において本当に必要なものは何か?

これを考えることは、いざ選択を迫られたときに強くなれます。普
段考えていないのに、とっさに冷静さを欠いてしまうシチュエーションで最善の決断を下すことは難しい。
だから私たちは、本当に必要なものが何なのかちゃんと考えること。

そうすれば、チャンスをしっかりとつかみ取ることもできるし、危険を回避することもできます。

つまり、エッセンシャル思考を思考の根底に置いておくことは生きていく上での武器になる

エッセンシャル思考は危険性よりも、磨くことによって得られる恩恵のほうがずっと大きい。
あなたもエッセンシャル思考を身につけてみてくださいね。

そしたらまた。

活字が苦手な方には漫画版もぜひ。

◎今回紹介したエッセンシャル思考のほかに、20代にオススメするビジネス書を10選紹介しています。こちらからどうぞ。

関連記事
【20代必見!】読んでよかった!役立つオススメのビジネス書7選!
  • この記事を書いた人

さとし

病院に勤務するアラサー医療従事者。 趣味は旅行と読書(年間150冊)。 新社会人から30代までの一人暮らしをより豊かに、人生をイージーモードに変えるアイデアを紹介します。 おもに本の紹介や仕事や家事の時間術、おすすめのお金の使い方など。