読書

本当に読みたい本が見つかる5つの方法【年間150冊読み続けて気づいたこと】

この記事でわかること

本当に読みたい本にはどうしたら出会えるのか?

新しいジャンルにチャレンジするときに何を読めば良いのか?

気になる本はあるけれど、自分が読みたい内容かわからない…

1年に約70000冊の新刊本が発売されています。
片っ端から読んだとしてもキリがないです。

ただでさえ、お金も時間も余裕がない状況。
できることなら失敗したくないですよね。

そこで今回は、本当に読みたい本はどのように見つけたら良いのか?
年間150冊の読書を数年間続けてきた筆者の目線で、オススメの方法を5選紹介します。

本当に読みたい本が見つかる5つの方法

オススメの本の探し方は次の5つです。

読みたい本が見つかる5つの方法

  1. 好きな作家・気になる作家の本を読む
  2. ブックレビューから選ぶ
  3. 書店に行く
  4. Kindle Unlimitedで探す
  5. 本から本へ「数珠つなぎ読書」をする

挙げた順に本を探していくのがオススメです。
ではそれぞれについて見ていきます!

好きな作家・気になる作家の本を読む

まずはじめにオススメするのは、「好きな作家」あるいは「気になる作家」というフィルターで選ぶ方法です。

是非試してみてほしいのが、好きな作家のエッセイを読むこと。
エッセイを読むと、その作家に興味をもった理由がわかります。

興味を持った理由が分かれば自分の興味がある分野がわかります。
自己理解も深まるので是非オススメします!

ブックレビューから選ぶ

作家で本を選ぶやり方は、小説の場合にしか当てはまりません。

本当に読みたいビジネス書を探したい…

と考えている人にぜひ活用してもらいたいのが、ブックレビューです。

ブクログやAmazonの商品欄など、あらゆるレビューがあってどれを参考したら良いか迷いますよね。
その中で私が活用しているのは、日経BizGateの「ひらめきブックレビュー」

「ひらめきブックレビュー」の魅力は、ジャンルの幅の広さ。
気になる話題の本が取り上げられるので、興味の幅が広がるのが良いところ。

話題書に限定せず、いろいろな出版社の本が取り上げられているところも含めて、信頼できる選書です!

書店に行く

上記の2つ以外の場合、書店に直接行くことも本当に読みたい本を選ぶにはオススメの方法です。

そこで、ぜひ行ってみてほしいのは、大型書店と独立系書店です。

大型書店の魅力はラインナップの豊富さ。探せば必ず気になる本があるところ。
独立系書店の魅力は、ラインナップ自体が既にセレクトされた選書であるところです。
独立系書店は、お店によって全く毛色が違うので、好きな本屋が見つかると読書がグッと楽しくなりますよ!

お気に入りの書店が見つかったら、Xをフォローすると良いです。
オススメの選書の情報を仕入れることができるので読みたい本に出会うチャンスが増えますよ!

Kindle UnlimitedやAmazon Audibleで探す

実際に店舗まで足を運ぶ時間を取ることが難しい…

という人もいるでしょう。

そういう人に活用してほしいのが、Kindle Unlimited(電子書籍)とAudible(朗読読書)
どちらのサービスも対象の本はいくらでも読めることが魅力。

「気になっていて勉強してみたいけれど、本腰を入れて取り組むか迷う…」
という分野の本をスマホ上で探して、片っ端から読み(聞き)漁るのが私がよく利用するパターン。
手間も初期費用もかからないので、すごく便利ですよ!

\無料期間内の解約OK!/

Kindle Unlimitedを無料ではじめる

30日間無料キャンペーン中!

\無料期間内の解約OK!/

Audible で本を聞く

30日間無料キャンペーン中!

本から本へ「数珠つなぎ読書」をする

晴れて読みたい本が見つかったとします。
その場合、次に読むべきは、「読みたい本の中で取り上げられていた本」です。

関連の書籍を読めば知識も深まりますし、自分の興味のある考えを取り込むことができるところが魅力です。
本から本へと数珠つなぎで読み続けていけば、やがて本当に自分のツボにはまる本が出てきますよ!

まとめ

今回は、「本当に読みたい本が見つかる5つの方法」というテーマで解説しました。

読みたい本を見つけるためには、いろいろな方法があります。
次にジャンル別にまとめました。

ジャンル別、本当に読みたい本の見つけ方


ぜひ活用してみてくださいね。

そしたらまた。

【2024年4月更新】本を安く買う方法7選!明日きっと誰かに教えたくなる裏技を紹介します!

  • この記事を書いた人

さとし

病院に勤務するアラサー医療従事者。 趣味は旅行と読書(年間150冊)。 新社会人から30代までの一人暮らしをより豊かに、人生をイージーモードに変えるアイデアを紹介します。 おもに本の紹介や仕事や家事の時間術、おすすめのお金の使い方など。