仕事

職場では嫌われた方が楽!嫌われる覚悟をもって得られる4つのこと。

職場で良好な人間関係を保って、誰からも嫌われたくない…

嫌われたくない人は、自分のいる環境を大切にしたいあまり、自分の意見よりもほかの人の意見ばかりを尊重してしまいがちです。
意見を主張した相手は元気いっぱいで、むしろ譲歩した自分がグッタリしていて、妙な疲れがドッと出てきた…

なんて経験がある人も少なくないでしょう。

嫌われたくないあまり、ほかの人の良いなりになってしまうことはとても不健全。
情けは人のためならずといいますが、まさにそのとおりだと私は考えています。
それは人への親切の裏に、嫌われたくないというひた隠しにされた気持ちがあるから。

かつては私も、人に嫌われたくないという思いが強く、好かれる人になろうとした時期もありました。
しかし、肩が凝るようなことばかりで、次第に疲れ切っていったときのことを覚えています。

その後、職場で次のような不当な扱いを受けることが増えました。

・当日になって、重い業務を投げられる
・他職員の個人的都合のために、休暇前日になって有給休暇を剥奪される

あまりにも平等ではない対応に不満だったので、嫌われたくないという気持ちはどこかに消えました。
そして、自分の好きなように仕事をするようになったんです。
これが本当に良かった。

この記事は、職場で嫌われたくないという気持ちがありながらも、いずれどこかで限界が来るのではないか…と悩んでいる人に向けて書いています。

嫌われる覚悟を持って振る舞うことで、いくつも良いことが私の身に起きました。
今回はその実体験を解説していきます。

嫌われる覚悟がもたらす4つの良い変化とは?

結論から言うと、4つの変化は次のとおりです。

嫌われる覚悟がもたらした4つのメリット

  1. チームとしての利益を最大化できる
  2. 人間関係がむしろ円満になる
  3. 真の意味で人に優しくなれる
  4. 自分の大切なものが見つかる

チームとしての利益を最大化できる

上司にちゃんと自分の意見を言えないという人は多いでしょう。
嫌われたら、仕事がやりづらくなるし、職場での居場所に支障が出る可能性もあります。

ですが、上司であるか否かに関係なくズケズケとモノ申すべきです。
なぜなら自分の意見を出すことでチームとしての利益を最大化させるから。

職場の目標は、利益の最大化ですよね。
利益を最大化させるには、いろいろな価値観と考え方を組み合わせることが大切。

ジェンダー(社会的性差)の多様性が企業にとって大きな効果があるのは、多様性が高い生産性をもたらすからです。
でも、性別だけが多様性だけじゃないだろうと私は考えています。

例えば、今の若者世代は、物心ついてきたころから電子機器に触れてきています。
ベテランの社員に比べて、ずっとネットに強いはずです。
だとすると、同じ性別だとしても、ベテランの社員と若手では見えているものが全く違います。
同性だとしても若者の意見は、新しい発見を得るチャンスですし、職場の生産性を高めて利益を最大化させる力があります。

仮に、自分の意見が誤っていても、それはそれで自分自身の学びになり、職場全体としての戦力は上がるのでマイナスなことはないんです。

むしろ、まっさらな視点によってゼロから考えられることのメリットの方が大きいんです。
必要性のない仕事を廃止したり、部門の連携によってワークフローやコストの改善を考え直すきっかけにもなるでしょう。
このように自分の意見を言うことは、職場全体の利益を高める可能性を秘めています。

周りの顔色をうかがわずに、臆せず自分の意見を言いましょう!

人間関係がむしろ円満になる

人に嫌われたくないと考えている人ほど嫌われることが多いんです。
嫌われたくないという感情から出た行動だと見え透いていることで、かえって嫌われてしまうんです。


みんなにいい顔をしていても、八方美人と言われ悪口を叩かれる始末。
そもそも誰にも嫌われないなんて現実的ではないんです。
山があればそこに影があるように、人間関係においても好きと嫌いはワンセットで避けられません。

どうせ誰かには嫌われてしまうんです。
だったら嫌われたくないという気持ちで消耗してしまうのはムダですよね。

間違ったことをしていない限り、職場では誰に嫌われようが好かれようがどうでもいいと私は考えるようになりました。
こう割り切ってから、気持ちがとても楽になりましたし、かえって前よりも同僚や上司との関係性が良くなったようにさえ感じます。

おそらく、人に嫌われてもいいという気持ちになってから、素の自分が出せるようになったからでしょう。
アレコレと自分を着飾るより、そのままの自分でいることで良好な関係性を作りやすくなったんです。

等身大の自分でいること。
嫌なことは嫌、正しいことは正しいというスタンスを守ること。

筋が通っていれば、仕事に支障が出るようなことはないでしょうし、むしろ円満な関係性が作れるはずですよ!

真の意味で人に優しくなれる

容赦なく言いますが、自分を大切にできない人がほかの人を大切にすることは難しいでしょう。

なぜなら、誰かの言いなりになって不当な負担を強いられた過去は、不幸の連鎖を踏みかねないからです。

私たちは、いつだって自分の視点でモノを考えます。
自分の受けてきたことが普通・標準だと思うと、非常にマズいんです。

過去の自分と同じような行動をとらない後輩が出てきたときに、自分と同じ境遇になるべきだという考えに陥るリスクがあるからです。

そのため名刺交換のような必要性に欠ける悪しき風習を、洗礼だとか言って廃止しなかったり、合理的でない仕事のやり方を見直さずに修行とか言ってわざと苦労をさせたりするんです。

私の職場長がまさにそのような感じの人なのですが、典型的に古くさい発想で呆れかえっています。
でも、本人は知らず知らず価値観がズレていることに気づいていないんです。

でもこれは、本人にとってもほかの人にとっても不幸なことです。
自分を大切にして、その状況に意義を唱えられれば、後輩を同じような目に遭わせようと思うはずがありませんから。

本当の意味で人を大切にしようと思ったら、当事者意識がなければいけません。
そのためにも、まず自分を大切にする必要がある。
嫌われてもいいという覚悟のもと、不当な扱いを拒否する勇気を持つことはとても重要なんです!

自分の大切なものが見つかる

嫌われてもいいという覚悟をもつことの4つ目のメリットは、自分の大切なものが見つかるきっかけになるという点です。

嫌われることをためらわずに、不当な扱いは拒否したほうが良いという話をしました。
この行為は理不尽なことや、嫌なことにNOという意見を出すことになりますよね。

こうした習慣付けがとても大切なんです。
それは習慣づけがYESとNOの判断を下す練習になるから。


日頃から嫌なことにノーの決断を繰り返すことで、抑圧されがちな感情を解放できます。
そして、いざ自分に本当に必要なこと、やりたいことは何なのかという思考を鍛えることになる。

誰しも好きなことをして暮らしていきたいですよね。

心の底にあるホンネは、意識して耳を傾けていないと聞こえなくなりますし、この声が聞こえるかどうかで長い人生におけるQOL(生活の質)は大きく開いていきます

だから自分の大切なものを見つけるためにも、職場で嫌われることをためらわず自分の意志を発することが大事なんです!

まとめ

職場では嫌われた方が楽!嫌われる覚悟をもつことで得られる4つのこと。
というテーマで今回は述べてきました。

ずっと同じ職場に所属していると、今までの関係性もあるため嫌われるような言動を取りづらい人もいるかもしれません。
でも周りの関係性ばかりを見て、堪えていては何も変わらないのです。
今の状況を良く思っていなくて変えたいと思っているのならば、嫌われることを覚悟して環境を変えるべく動いたほうが良い

まずは嫌われてもいいという覚悟を持つことが大切です。

自分の意見を周りに出さないことは、他人のみならず自分自身を信じていないことと同じ。
環境を自分の手で変えられないという思いが心のどこかにあるのでしょう。

でもそんな根拠はどこにもありませんし、自分が一歩前に出て心の扉を開けば、何か変わるかもしれません。
まずは嫌われることをためらわず、自分の意見を伝えてみましょう!

そしたらまた。

関連記事
仕事は頑張るほどに損をする理由。ビターな現代社会を生き抜くアイデアも紹介。
  • この記事を書いた人

さとし

病院に勤務するアラサー医療従事者。 趣味は旅行と読書(年間150冊)。 新社会人から30代までの一人暮らしをより豊かに、人生をイージーモードに変えるアイデアを紹介します。 おもに本の紹介や仕事や家事の時間術、おすすめのお金の使い方など。